ホームニュース&トピックス
2016年9月20日

NAPAC会員11社及び事務局がR’sMeeting2016に出展

2016年9月11日に雑誌『GT-RMagazine』主催のサーキットイベント”R'sMeeting”が、富士スピードウェイで開催された。

ハコスカからR35までのオーナー&ファンに捧げる年に1度のGT-Rのお祭りであるこのイベントに、日本自動車用品・部品アフターマーケット振興会(NAPAC)会員企業から11社及び事務局、並びにブリヂストンリテールジャパンの関連会社であるプロドライブジャパンがブースを出展した。

歴代のGT-Rファンやカーカスタマイズパーツメーカーが一堂に会したこのイベント当日は、生憎の空模様の中、レーシングコースを使用したイベントやイベント広場で行われた愛車撮影会は大いに盛り上がりを見せた。

 

また、今年は日産自動車とプリンス自動車が合併して50周年という節目の年でもあり、メインステージでは歴代GT-Rの開発者が集いトークイベントも開催された。

ブース出展を行ったNAPAC会員各社は展示ブースゾーンにて、歴代GT-Rのデモカーや各種カスタマイズパーツを出品し、展示品をPRするとともに熱心なファンの質問に丁寧に対応した。

 

2016年9月12日

2016年秋の全国交通安全運動に於ける 「タイヤの安全点検」啓発イベント実施のお知らせ

(一社)自動車用品小売業協会(通称:APARA 会長:(株)オートバックスセブン 代表取締役 社長執行役員 小林喜夫巳)は、本年春(4月)に引き続き2016年9月27日(火)
京葉道路幕張PA(下り線)に於いて実施されるNEXCO東日本関東支社主催の「2016年・秋の全国交通安全運動イベント」に協力して、「タイヤの安全点検啓発イベント」の実施を決定いたしました。
このイベントは多くのドライバーにタイヤ点検の重要性を訴える事を目的とし、春と秋の全国交通安全運動期間中に自動車事故撲滅を目的とした社会貢献活動として実施いたします。
合わせてAPARA加盟の全国のカー用品店と、タイヤ・ホイール専門店もこの運動に協力し多くの来店されるドライバーに対し、運転前に行う「タイヤの安全点検」に対する意識を更に高めていただく事を狙いとして今後も継続して実施いたします。

※APARAではこの他に交通安全運動期間中、佐野SA(東北道・9/21)と赤城高原SA(関越道・9/24)に実施される交通安全イベントにも協力参加いたします。

▼日時
2016年9月27日(火) 10:30~12:00
▼場所
NEXCO東日本 京葉道路 幕張PA(下り線)内イベントスペース
▼内容
・サービスエリア(SA)来場者への「APARAオリジナルタイヤの残溝セルフチェックカード」と「冬用タイヤの装着推奨啓発チラシ」(JATMA製作)の配布 
・「バッテリー点検推奨啓発チラシ」(一社・電池工業会製作)の配布
・居眠り/わき見警報装置「OKITE」(㈱ユピテル)の体験デモの実施

※上記の詳しい日程及び開催場所などはNEXCO東日本のHPでご確認ください。


▼この件に関するお問い合わせ先
一般社団法人自動車用品小売業協会 事務局(担当:中小路)
〒108-0014 東京都港区芝5-1-7 HTビル3F
TEL:03-3454-1427 FAX:03-3454-1564

APARA

2016年9月9日

新型iPhone7対応の液晶保護ガラスフィルムが発売!【槌屋ヤック】

 

今話題の新型iPhone7に対応した液晶保護ガラスフィルムが、槌屋ヤック株式会社から早くも発売されます!

●極薄0.33mmの、信頼と安心の国産ガラス素材を採用
●自己吸着タイプで気泡が抜けやすく貼り易い
●飛散防止対応
●指紋が付きにくい表面加工と表面硬度9Hでキズから画面を保護
●表面は滑らかコート仕様

最新機器の保護はまず画面から!
丈夫な保護フィルムで大切なスマートフォンをしっかり守ってあげましょう。

【商品情報】
商品名:TP201 iPhone7用 強化ガラス液晶保護フィルム
発売日:2016年9月30日
価格:オープン価格
販売元:槌屋ヤック株式会社
    〒444-0917 愛知県岡崎市日名西町3
    0564-66-0773(お客様相談室)

槌屋ヤック株式会社

2016年8月31日

株式会社アバからEDO-STA ペンホルダーが発売!

株式会社アバから、新商品「EDO-STA ペンホルダー」が登場。
両面テープの取付けタイプで、ダッシュボードやAピラーなど使いやすい場所にセットすることができます。
とくにペンを使用する機会の多い営業車、タクシー、トラック、バス、特殊車両等のドライバーにとっては、かなり重宝すること請け合いです!
貴方を縁の下からサポートしてくれる、ありそうで無かった便利グッズとなっています!

【商品情報】
商品名:EDO-STA ペンホルダー 2本入り
発売日:発売中
価格:880円(税別)
販売元:株式会社 アバ
    〒132-0013 東京都江戸川区江戸川 2-2-2 金栄ビル 3F
    03-5636-7570


株式会社 アバ
http://www.aba-japan.com/

2016年8月19日

TMSCカート&バーベキュー大会開催!

TMSCでは千葉県の木更津サーキットに於いて、豪華ゲストも招き、カート大会を開催する。カートレース後はバーベキューで盛り上がろう! バーベキュー大会のみの参加も可能となっている。

▼開催日 2016 年 9月 19 日(月/祝)
▼募集人数 70 名(予定)
▼開催場所 木更津サーキット(イオンモル 木更津敷地内)
▼申込期間 8月 31 日締め切り (先着順)
▼集合時刻 AM 9:30まで ※雨天決行
▼参加費用(税込)

【カートのみ参加】 TMSC会員・チームトムス会員及びご家族:5,000円 一般:6,000円
【バーベキューのみ参加】 TMSC会員・チームトムス会員及びご家族:5,000円 一般:6,000円
【両方の参加】 TMSC会員・チームトムス会員及びご家族:10,000円 一般:12,000円

参加者資格、申込方法等は下記ホームページをご確認下さい。
カート大会概要
http://toyota-motorsports-club.jp/wp-content/uploads/2016/07/b0aeac15636bc0440c2d4eaa81bc94f7.pdf

▼お問い合わせ
TMSC・トヨタモータースポーツクラブ
〒102-0074東京都千代田区九段南2-3-18トヨタ九段ビルB1F
電話:03-3221-9950 FAX:03-3221-9924
E-mail:office@toyota-motorsports-club.jp
Web:http//toyota-motorsports-club.jp/

2016年8月19日

今回は昼間の富士を走行!TMSC 富士6時間耐久エコノミーラン2017開催!

TMSCは今回昼間のイベントとしてエコ・ランの開催を決定。 規定ガソリン量以内、規定ラップタイムを切らないで、より長距離を走れるかを6時間で競う、ハイブリッド及びエコカー四輪自動車による耐久エコノミーラン。 国内で有効な普通自動車運転免許で参加が可能となっている。

【大会名称】TMSC 富士6時間耐久エコノミーラン2017
【日  時】2017年 1月21日(土)       
      10:00~決勝スタート 16:00~フィニッシュ
【場  所】富士スピードウェイ レーシングコース(1周4,563km)       
      静岡県駿東郡小山町中日向694
【主  催】トヨタ・モータースポーツ・クラブ(TMSC)
【後  援】トヨタ自動車株式会社/トヨタテクノクラフト株式会社/富士スピードウェイ株式会社

参加資格:ドライバーとコ・ドライバーは日本国内で有効な普通自動車運転免許証を保有する事
(参加人員は1チーム/1台あたり2~10名)
参 加 費 :一般 60,000円/1台  TMSC会員 50,000円/1台
(富士スピードウェイ入場には別途入場料\1,000/1人が必要〈FISCOライセンス所持者、中学生以下を除く〉)
参加車両:エコカー減税対象車両 (軽、ミニバンは除く)

規則書・申し込み書は近日公開予定
参加申し込み・お問い合わせ
TMSC トヨタ・モータースポーツ・クラブ
〒102-0074 東京都千代田区九段南2-3-18 トヨタ九段ビルB1F
電話:03-3221-9950
E-mail:office@toyota-motorsports-club.jp
http://toyota-motorsports-club.jp/

2016年8月9日

第7回「Fuji 86 Style with BRZ 2016」 に会員 17 社 + 事務局が出展!

 

2016年7 月 31 日に富士スピードウェイで行われた「Fuji 86 ス タイル with BRZ 2016」に日本自動車用品・部品アフターマーケット振興会(NAPAC) 会員 17 社 + 事務局 がブースを出展した。

今年で 7 回目を迎える今回の 86 スタイル with BRZ は、レーシングコースを使用したパレードランやドリフト対決、「8Beat」なるチューニングカーレース等の走行イベントの他、イベントステージにおける愛車コンテストやトークショー等を楽しみに、毎回多くの 86&BRZ 及びAE86 オーナー等が9000 人が来場し、盛り上がりを見せた 。

イベント広場に設けられた出展スペースには、NAPAC会員17社+事務局が出展し、各社の特徴が打ち出された86やBRZ用カスタマイズパーツ、並びにデモカーが多数出品された。

また同日、世界No.1のドリフトイベントであるFORMULA DRIFTのエキシビションマッチ「FORMURA DRIFT EXHIBITION FUJI SPEED WAY」が行われ、Aパドックのブース出展エリアには、NAPAC会員5社が出展、各社の商品やチューニングカーのアピールに努めた。

そして当日はNAPAC走行会の同乗走行でもおなじみのプロ ドライバーの谷口信輝選手と、同じくプロドライバーの織戸 学選手がレーシングコースを使用し、チューンした86でド リフト対決を行うなど、会場を盛り上げた。

また、同日ショートサーキットを会場にトヨタ自動車主催のマイナーチェンジ86試乗会が開催され、NAPAC会員8社 が参加。旧型2台を含め各グレードから12台の86が用意され、ショートサーキットを使用した試乗が行われた。

主催者発表のマイナーチェンジ86の最新販売状況は、6 月のオーダーを含め約1000台。当初予定よりも 約300台多い計算となった。購入ユーザーの傾向としては、旧型86からの買い換 えオーナーが全体の 25%、そして年齢別では20代が 30%超となった。 そして、マニュアルミッションが60%と好調な売れ行きとなっており、 タイプ別では最上級グレードのGTリミ テッドが全体の30%、 スタンダードグレード のGが10%以下という結果が発表された。

 

NAPAC

2016年7月29日

カーメイトと大分県警察本部の共同開発!『おんせん県おおいたロードマップ』

株式会社カーメイト(本社:東京都豊島区、代表取締役会長兼社長:村田隆昭)から、大分県警察本部と共同開発した安全運転支援+観光アプリ『おんせん県おおいたロードマップ』が平成28年7月27日(水)にリリースされた。2013年に共同開発した『ドラさぽ』の機能を大幅にアップした新アプリとなっている。

開発の目的
◆3秒の車間距離の啓発・・・適正な車間距離の自覚を促し、追突事故を減少
◆高齢歩行者事故多発地域の公開・・・交通死亡事故の抑止

大分県は交通事故全体に占める追突事故の割合が全国と比べても高いことから、2013年に共同開発した適正な車間距離の保持を促すアプリ『ドラさぽ』で、安全運転教育や走行データの収集分析を行なってきた。アプリ『ドラさぽ』はタブレットの貸し出しという形で一部の人しか体験できなかったため、“3秒の車間距離”をより多くの人に啓発して追突事故を減らすことを目的に、広く一般の方々に使用いただける新アプリを開発。

『ドラさぽ』 について
『ドラさぽ』の効果

アプリ機能/情報提供元
①ドライブサポート   
・車間距離警告   
・ドライブレコーダー   
・音声警告(高齢歩行者事故多発地域付近、取締り場所付近、早めのヘッドライト)  

②大分県警察本部からの情報提供(マップ)   
・高齢歩行者事故多発地域情報   
・交通取締り情報

③ツーリズム大分による大分観光情報   
・人気の観光スポット⇒現地までのルート案内   
・SNSで話題『おんせん県おおいた』の動画

機能詳細は販売ページでご覧ください
使用動画公開中!

 

 

名 称 :『おんせん県おおいたロードマップ』
対 象 :大分県民、観光客
公開予定:2016年7月27日
価 格 :無料 対応機種:iPhone 4S以降/対応OS:iOS9.0以降
販売店  :iTunes Store(アイチューンズ・ストア)/App Store(アップストア)

 

株式会社カーメイト

2016年6月7日

第21 回 NAPAC 走行会 in 富士 開催 。豪華プロドライバーの同乗走行も!

日本自動車用品・部品アフターマーケット振興会(NAPAC) ASEA 事業部・モータースポーツ委員会(柳田 春人委員長)の主催によるサーキットイベント「第21 回 NAPAC 走行会 in 富士」が 2016年6月2日に富士スピードウェイ・レーシングコースで開催された。

当日は好天に恵まれ、参加した80台がサーキット走行を堪能した。

また、Aパドックの5~10番 PIT 前ではNAPAC会員15社が参加したアウトレットセールが同時開催され、来場者に向けた最新のカスタマイズパー ツのPRや、一部出展会員によるお買い得品の即売が行われ、会場を賑わせた。

毎年春と秋に開催されているNAPAC走行会。今年1回目の開催である今回の走行会では、一般参加車両の他、同週末に開催予定の86/BRZレースに参戦する車両(ナンバー付き)も急きょ 20 台参加し、これまでの走行会にはない盛り上がりを見せた。

高瀬嶺生ASEA事業部部会長の挨拶で始まった走行会は、まず山田英二選手及び青木孝行選手によるコース説明が行われ、萩原正志 ASEA 基準委員長によるASEA基準制度の紹介という流れで進められた。午後1時から行われたサーキット走行では、プロドライ バーによるNAPAC加盟社のチューンドカーを使用しての同乗走行が行われ、柳田真孝選手、谷口信輝選手、片岡龍也選手、山田選手、青木選手、村田信博選手、島谷篤史選手という豪華な面々がドライバーを務めた。

走行会終了後は恒例の大抽選会が行われ、会場に駆けつけた2016年エンドレスレディも華を添え、大いに盛り上がった。なお、次回のNAPAC走行会は9 月14日(水)に富士スピードウェイでの開催予定となっている。

 

HP:NAPAC

 

 

2016年5月6日

モーターファンフェスタ in 富士 スピードウェイ及び FUJI DRIFT に NAPACブース会員出展

  2016年4月24日に富士スピードウエイで行われた「モーターファンフェスタ in 富士スピードウェイ」及び「D1GP FUJI DRIFT」に、日本自動車用品・部品アフターマーケット振興会(NAPAC)会員24社、そしてブリヂストンリテールジャパンの親会社であるブリヂストン、そして事務局がブースを展開した。

また、出展会員のうち12社、ブリヂストン、事務局は前日に開催されたD1GP FUJI DRIFTからの2日間ブースを展開し会場を盛り上げた。

モーターファンフェスタは、今年、様々な周年記念を迎えた三栄書房が企画した「モーターファンズイヤー2016」の一環として行われたサーキットイベントで、主催者の予想を上回る 21,712 名の動員を達成し、大成功をおさめた。

当日は生憎の雨にもかかわらず、デモランや新車試乗会、D1GP、パレードランといった走行イベントや、A パドック特設ステージでのトークショーやライブ等で盛り上がり、出展したNAPAC会員各社も新製品やデモカーのPRに努めた。

HP:NAPAC